東京都の銀行や信用金庫、信用組合、消費者金融、信販会社等でお金を借りたい人の為のローン情報

東京都でお金を借りる為の融資情報

東京で不動産担保ローンを借りたい

東京で不動産担保ローンを借りたいなら

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保にしてお金を借りる商品のことです。
例えば、クレジットカードのキャッシングなどは、その人の信用力をもとにお金を借りるという「無担保」型ですが、不動産担保ローンはその人の信用力に加え、不動産の価値に応じてお金を借りるという違いがあります。

また、同意があれば、借入希望者以外の名義の不動産でも担保とすることが可能なところは、無担保型のローンとは大きく違う特徴ではないでしょうか?

ただし、不動産があれば必ず利用できるということではなく、担保価値を評価しそれに相当する範囲内での融資となります。
土地や建物などの不動産を担保に融資をしているのは銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関、一部の金融会社などです。
不動産担保融資を専門に行なっている金融会社は東京都にもあります。

東京都にお住まいで融資可能な不動産担保ローンをお探しですか?
チェック 東京都で借りれる不動産担保ローンはこちら

不動産担保ローンのメリットやデメリットは?

無担保ローンと比べると低金利で、総返済額が少なくできることや、担保価値の余力にもよりますが、数百万円から数億円というまとまった金額の融資を受ける事が出来るのが大きな特徴です。

また、まとまった金額を借りることが可能な場合は複数の借入れを「おまとめ」する際にも返済管理が楽になる等のメリットがあると言えます。
しなし、所有している不動産を担保にお金を借りるわけですから、当然のごとく、その不動産には抵当権もしくは根抵当権の設定登記がされます。
そしてその意味するところは、もしも返済できない場合に金融会社は不動産を売却し、売却代金から貸したお金を回収するということです。
借りたお金を返す事が出来ない場合は担保にした不動産は失うことになります。
また、不動産を売却しても担保価値が下がっていて返済できない場合(担保割れ状態)は、その残金の不足分も返済もしなければいけません。

複数の借入れを、不動産担保ローンで「おまとめ(一本化)」する場合は現在利用しているローンの金利を確認するべきです。

わざわざ金利の低いものを、高いものへスイッチするのは賢いことではありません。
例えば、自動車ローンなどは、不動産担保ローンの金利よりも低いことがほとんどです。
ですから高金利なローンだけをおまとめするようにしましょう。

ココに注意

まとまった金額を借りられることや、金利が比較的に低いなどの利点があり、便利なものかもしれませんが、大きなリスクを伴うものですので、きちんと認識してから利用の検討をおすすめします。

東京都の金融機関で不動産担保ローンを借りたいなら

銀行

三井住友銀行 きらぼし銀行 東日本銀行 東京スター銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 ソニー銀行 セブン銀行 新生銀行 イオン銀行

信用金庫

多摩信用金庫 青梅信金庫用 巣鴨信用金庫 瀧野川信用金庫 城北信用金庫 東京信用金庫 世田谷信用金庫 目黒信用金庫 昭和信用金庫 城南信用金庫 西武信用金庫 西京信用金庫 東京三協信用金庫 足立成和信用金庫 小松川信用金庫 亀有信用金庫 東栄信用金庫 東京東信用金庫 芝信用金庫 東京シティ信用金庫 さわやか信用金庫 興産信用金庫 朝日信用金庫

信用組合

朝日新聞信用組合 ハナ信用組合 東京都職員信用組合 東京消防信用組合 警視庁職員信用組合 第一勧業信用組合 大東京信用組合 七島信用組合 共立信用組合 中ノ郷信用組合 青和信用組合 江東信用組合 東信用組合 東京厚生信用組合 東京証券信用組合 文化産業信用組合 東浴信用組合 全東栄信用組合 あすか信用組合

東京都にお住まいで融資可能な不動産担保ローンをお探しですか?
チェック 東京都で借りれる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 東京都でお金を借りる為の融資情報 , 2019 All Rights Reserved.