東京都の銀行や信用金庫、信用組合、消費者金融、信販会社等でお金を借りたい人の為のローン情報

東京都でお金を借りる為の融資情報

教育ローンとは?

東京都に住んでいても使える教育ローン

東京都でも利用OK!教育にかかる費用を借りれる!
即日利用も可能!保証人は不要で教育資金に使える教育ローンはこちら

教育ローンとは、入学金や授業料などの教育関連費用を使用目的としたローンのことです。

教育にかかる費用の捻出が難しい場合、国の金融機関が提供する公的なものや、銀行や信用金庫、信販会社や損保会社などの金融機関などから借りる教育ローン、または国や地方公共団体、一般企業から受ける奨学金を利用することができます。

国の金融機関が提供する公的な教育ローンとは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱っており、年金教育貸付・郵貯教育貸付・一般教育融資の3つに分類されます。年金教育貸付と郵貯貸付などの融資制度に関しては、2006年の行政改革時に制度が縮小される運びとなり、現在では新規の取扱は行っていません。現在は実質的には、国の教育ローンは、一般教育融資のみとなっています。学生1人あたりにつき300万円まで、返済期間は15年以内となっており、利用するには、生計を別とする連帯保証人の設定か、公益財団法人教育資金融資保証基金よって信用保証の委託が必要です。
後者の場合は保証料が必要になります。
また、融資を受けるには年収に制限があり、民間の金融機関が代理店として窓口となり申込などを受け付けているほか、日本政策金融金庫のサイトでも申込が可能です。

奨学金とは、十分な学力や能力を備えているにも関わらず、経済的・金銭的な理由により進学が難しい学生に対し、学費や生活費の支援をする制度になっています。
奨学金の申込みは在学している学校を通じて行いますが、給付が出来るかどうか選考をして、採否を決めるシステムになっています。 利用者が最も多いのは「独立行政法人日本学生支援機構」が実施している奨学金制度で、高等専門学校、専修学校専門課程、大学、大学院に在籍する学生が対象です。
高校や短大、専修学校などにより奨学金の給付基準がいくらか異なってきますが、すべてにおいて共通していることは学力、収入など世帯の経済状況、対象となる人物の人柄が審査基準となっています。
大学に進学するために無利子の第一種奨学金制度へ申し込むには、1年生から申込時の成績が平均値3.5以上、生計を維持している人の収入金額などが判断基準となります。
第二種奨学金制度では、申込み前の学力が平均より上である人、特定ジャンルでの高い能力を持つと認められた人、大学に入り勉強に打ち込み確実に修了可能と判断された人になります。
この学力条件と生計を維持している人の収入金額によって、給付が出来るか否かの判断が下されます。
収入について提出する書類には、収入証明書、源泉徴収票、確定申告書などがありますが、学校が定めた書類を準備することが不可欠です。奨学金の給付認定を受け学校に入学した後も、1年に1回「適格認定奨学金継続願」を提出が必須であり、日々の生活態度や成績次第では奨学金の認定を取り消されることもあります。

民間の教育ローンは、銀行、信用金庫、などの預金金融機関が提供するものと、それ以外のいわゆるノンバンク系とよばれる金融機関によるものに分類されます。
一般に預金金融機関(メインバンク)による教育ローンのほうが、低金利での融資が可能である傾向にありますが、近年では、インターネットでの販売がかなり普及してきており、ローコストでの提供が可能となってきているため、一概にどちらのほうが低金利であるとはいえないほどに両者とも低金利化している傾向にあるようです。
民間の教育ローンの特徴は、国の教育ローンよりも多くの種類から選ぶことができるため、限度額や、返済期間、資金使途など、さまざまなタイプのものが用意されているところです。
融資を行う金融機関や、商品の性質によってさまざまな特徴がありますが、対象の学校は幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校、留学までと幅広く、使用用途に関しても入学金、受験料、寄付金、施設拡充費用、書籍代、授業料、学用品、制服代、下宿(アパート)の敷金・礼金・引越し費用、生活費、留学の費用全般に対して融資を行う金融機関と、学校に納付する学費のみに融資を行うところがあるようです。
また、広義の教育ローンに関しては、塾や習い事の資金を提供している金融機関もあるようです。
基本的にお子様のための教育資金として親権者に対して貸付を行いますが、親権者を保証人にすることで、お子様の名義での貸付を行っている金融機関やご自身の教育費用としても使える金融機関などもあるようです。
返済期間に関しても、学生の卒業までの期間、元本を据え置き、ローンの返済を利息のみとできるところもあるようです。

申込みのタイミングとしては、まだ学校がはっきりと決まらない段階でも、ある程度必要な金額や、実際に融資を受けられるおおよその日時のほか、入学金の納入時期などとあわせて、充分に調べた上で、早めに申し込んでおいたほうが安心です。
金融機関等が忙しくなったり、審査に通らず融資を受けられなくなっては元も子もないからです。
最終的に必要となる書類などは、合格発表後となる場合もありますが、それ以外の手続きなどは、仮審査などという形で前々から申し込みが可能であるケースが多いようです。
国の教育ローン、民間の教育ローン共に、申し込み窓口については、24時間受付が可能なインターネットのほか、店頭窓口、電話、郵送など多くの申し込み方法が用意されていますので、申し込みやすい方法から、余裕を持って申し込みを済ませておくことを、おすすめします。

東京都でも利用OK!教育にかかる費用を借りれる!
即日利用も可能!保証人は不要で教育資金に使える教育ローンはこちら

銀行

三井住友銀行 きらぼし銀行 東日本銀行 東京スター銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 ソニー銀行 セブン銀行 新生銀行 イオン銀行

信用金庫

多摩信用金庫 青梅信金庫用 巣鴨信用金庫 瀧野川信用金庫 城北信用金庫 東京信用金庫 世田谷信用金庫 目黒信用金庫 昭和信用金庫 城南信用金庫 西武信用金庫 西京信用金庫 東京三協信用金庫 足立成和信用金庫 小松川信用金庫 亀有信用金庫 東栄信用金庫 東京東信用金庫 芝信用金庫 東京シティ信用金庫 さわやか信用金庫 興産信用金庫 朝日信用金庫

信用組合

朝日新聞信用組合 ハナ信用組合 東京都職員信用組合 東京消防信用組合 警視庁職員信用組合 第一勧業信用組合 大東京信用組合 七島信用組合 共立信用組合 中ノ郷信用組合 青和信用組合 江東信用組合 東信用組合 東京厚生信用組合 東京証券信用組合 文化産業信用組合 東浴信用組合 全東栄信用組合 あすか信用組合

Copyright© 東京都でお金を借りる為の融資情報 , 2019 All Rights Reserved.