東京都の銀行や信用金庫、信用組合、消費者金融、信販会社等でお金を借りたい人の為のローン情報

東京都でお金を借りる為の融資情報

育児支援ローンとは?

東京都に住んでいても使える育児支援ローン

東京都でも利用OK!教育支援にかかる費用を借りれる!
即日利用も可能!保証人は不要で教育支援に使える教育支援ローンはこちら

育児支援ローンとは育児期間中(妊娠から小学校入学前まで)の子育てに関する費用、養育費用または、出産に関する費用や、育児休暇中の生活費の補てんのためのローンです。
妊娠によって、働くことができなくなった場合、育児休業中であれば、その期間が終了するまでの間を限度として元本を据え置き利息のみを返済することができるタイプのものもあるようです。
育児支援ローンと名前の付く商品は、ほとんどの場合、就業をしている人が育児休業を使い、また仕事に復帰するということが前提であるため、各地方の労働金庫(ろうきん)が取り扱っていることが多いようです。
労金の育児ローンは、対象とする利用者も育児期間中の勤労者となっており、育児中の方は勿論、育児をしながら働いている方も休業している方もいずれも利用する事が出来ます。
例えば育児に専念し仕事はしばらく休みたいけど、休むことでその間の給料が心配という方も育児をしておられる方の中にはおられると思います。
労金の育児ローンとは、そうした育児期間に関する支援目的の融資ということで、金利は保証料も含めて2%を切る固定金利となるため非常に負担なく利用出来る融資内容になっていると思います。
ただし、この労金の育児ローンは、融資限度額が100万円以内の融資となるため、育児のために休業する期間を考えた時、その期間が長ければ毎月の支援金額はさほど多いものとはなりませんし、休業期間が長くなればその融資も得に助かるというような融資ではないともいえるのです。
育児に対する休業が短ければ大いに助かる融資になるかもしれませんが、労金の育児ローンは、休業期間が長ければその分利用価値が薄れ、休業期間が短い場合は多少助かるというようなローンとも考えられます。
ですからこのような子供のために仕事を休む等の際に利用する育児支援のためのローンは、わざわざ審査の厳しい労金のローンを選ぶよりも、審査が早くて審査自体も柔軟なカードローンの利用の方が賢い選択になる可能性も高いと思いますし、そちらでの申込みの方が確実に融資も実現されるのではないかと思います。
労金は低金利ということで非常に重宝されていますが、審査の厳しさ・非会員であることが問題になってきます。審査までの時間と得られる金額を見ると、この労力は低金利カードローンで解決することが出来そうです。

東京都でも利用OK!教育支援にかかる費用を借りれる!
即日利用も可能!保証人は不要で教育支援に使える教育支援ローンはこちら

銀行

三井住友銀行 きらぼし銀行 東日本銀行 東京スター銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 ソニー銀行 セブン銀行 新生銀行 イオン銀行

信用金庫

多摩信用金庫 青梅信金庫用 巣鴨信用金庫 瀧野川信用金庫 城北信用金庫 東京信用金庫 世田谷信用金庫 目黒信用金庫 昭和信用金庫 城南信用金庫 西武信用金庫 西京信用金庫 東京三協信用金庫 足立成和信用金庫 小松川信用金庫 亀有信用金庫 東栄信用金庫 東京東信用金庫 芝信用金庫 東京シティ信用金庫 さわやか信用金庫 興産信用金庫 朝日信用金庫

信用組合

朝日新聞信用組合 ハナ信用組合 東京都職員信用組合 東京消防信用組合 警視庁職員信用組合 第一勧業信用組合 大東京信用組合 七島信用組合 共立信用組合 中ノ郷信用組合 青和信用組合 江東信用組合 東信用組合 東京厚生信用組合 東京証券信用組合 文化産業信用組合 東浴信用組合 全東栄信用組合 あすか信用組合

Copyright© 東京都でお金を借りる為の融資情報 , 2019 All Rights Reserved.