東京都の銀行や信用金庫、信用組合、消費者金融、信販会社等でお金を借りたい人の為のローン情報

東京都でお金を借りる為の融資情報

リフォームローンとは?

東京都に住んでいても使えるリフォームローン

東京都でも利用OK!住宅のリフォームに使える!
低金利で住宅のリフォームに使えるカードローンをお探しならこちら!

リフォームローンとは、住宅を改築・改装する際に利用する住宅ローンの一種です。
新築で購入した家も、十年・二十年と住んでいるとあちこち傷んでくるため、リフォームが必要となってきます。
リフォームの費用は改築・改装の度合いにもよりますが、1つの部位に対しておよそ50~100万円程度が目安となっています。
全面リフォームとなると、場合によっては新築と同程度の経済的負担がかかってしまうこともあるようです。
そんなとき、リフォームローンを利用すれば、通常のキャッシングローンなどを利用するよりも安い金利でリフォーム資金を調達することができます。
リフォームローンはさまざまなところで取り扱っていますが、大きくわけると公的融資と民間融資の2種類に分類されるようです。
公的融資とは、その名の通り、公的な金融機関が取り扱うリフォームローンのことで、住宅金融支援機構の融資や財形住宅融資、自治体住宅融資などが該当します。
民間融資に比べると低金利かつ長期間融資してもらえるところがメリットですが、融資条件が細かい上、融資限度額は原則として所要額の8割までと決められています。
一方の民間融資は民間金融機関が取り扱うリフォームローンのことで、都市銀行や地方銀行、信託銀行、信用金庫などが当てはまります。
公的融資に比べるとやや金利が高い傾向にありますが、そのぶん条件が比較的ゆるく、融資限度額についても、個別に定める限度額の範囲内であれば特に制限はもうけられていません。
リフォームローンは通常のローンに比べて金利が安く、長期間借りられるなどさまざまなメリットがあります。
しかし、その反面、リフォームローンならではのデメリットもあるため、安易に融資を受けると後々トラブルになるおそれがあり、注意が必要です。
まず、メリットとして、無担保で借りられる・審査が早い・金利が低い・返済期間が長いことなどがあげられます。
デメリットは、有担保・無担保のそれぞれに短所があるところです。有担保のリフォームローンの場合、無担保に比べて金利が安いところが魅力ですが、そのぶん抵当権の設定手続きや、保証料などの諸費用がかかってしまいます。
一方、無担保のリフォームローンは抵当権や保証料などの手間ひまは必要ありませんが、有担保に比べて融資限度額が低い上、返済期間も短く設定されています。
このようにリフォームローンにはさまざまなメリットとデメリットがあるようですので、ご利用の際は事前にしっかり下調べや他社との比較・検討を行い、無理のない、失敗しないローン選びをお勧めします。

東京都でも利用OK!住宅のリフォームに使える!
自宅の増築、修繕、模様替え、改築、耐震工事、システムキッチン等購入資金などに使える!

銀行

三井住友銀行 きらぼし銀行 東日本銀行 東京スター銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 ソニー銀行 セブン銀行 新生銀行 イオン銀行

信用金庫

多摩信用金庫 青梅信金庫用 巣鴨信用金庫 瀧野川信用金庫 城北信用金庫 東京信用金庫 世田谷信用金庫 目黒信用金庫 昭和信用金庫 城南信用金庫 西武信用金庫 西京信用金庫 東京三協信用金庫 足立成和信用金庫 小松川信用金庫 亀有信用金庫 東栄信用金庫 東京東信用金庫 芝信用金庫 東京シティ信用金庫 さわやか信用金庫 興産信用金庫 朝日信用金庫

信用組合

朝日新聞信用組合 ハナ信用組合 東京都職員信用組合 東京消防信用組合 警視庁職員信用組合 第一勧業信用組合 大東京信用組合 七島信用組合 共立信用組合 中ノ郷信用組合 青和信用組合 江東信用組合 東信用組合 東京厚生信用組合 東京証券信用組合 文化産業信用組合 東浴信用組合 全東栄信用組合 あすか信用組合

Copyright© 東京都でお金を借りる為の融資情報 , 2020 All Rights Reserved.